各種保守点検

給排水設備点検/空調設備保守点検/消防設備保守点検/建築物貯水槽清掃/建築設備点検/浄化槽維持管理

給排水設備点検

毎日使う水廻りは、不具合が発生すると困ります。 トイレ・浴室・キッチンなどを点検することで、未然にトラブルを防止して、快適な水廻りを実現します。

空調設備保守点検

業務用エアコンは、フロン排出抑制法により、機器の定期点検が義務づけられています。
有資格者が、保守点検を行い、問題点の早期発見を行う事で、修繕費の抑制を行います。

消防設備保守点検

消防法により、消防設備を設置することが義務づけられている建物は、消防設備を定期的に点検し、消防への報告義務があります。消防設備士が点検、維持管理を行い、火災発生時に消防設備が能力を発揮できるようにします。

建築物貯水槽清掃

貯水槽は、水道法により1年に1回の貯水槽清掃と水質検査の義務づけられています。
厚生労働大臣の登録を受けた、貯水槽清掃作業監督者が、清掃を行い、安全な飲料水の供給をお手伝いします。

建築設備点検

学校や病院などの特定建築物は、建築基準法に基づいて、建築設備(換気設備・排煙設備・非常照明設備など)の点検と報告義務があります。
建築設備検査員が、点検を行い、各設備が適正に作動するように、維持管理を行います。

浄化槽維持管理

浄化槽は、微生物の働きを利用して、家庭からの汚水を浄化しています。 浄化槽の機能を十分発揮させるには、保守点検・清掃・法定検査が必要です。 浄化槽管理士が点検・維持管理を行うことで、浄化された、きれいな水を放流します。